本日 121 人 - 昨日 2436 人 - 累計 3074712 人
  • 記事検索

RSS

富士山安全誘導員死亡

 富士山の安全誘導員を務める男性が、亡くなりました。低体温症とみられます。

 登山者を安全に誘導するはずの70代の誘導員男性が、強風で動けず遭難し、その後救助されましたが死亡しました。

 7月28日、富士山御殿場口6合目付近で富士山安全誘導員の男性2人から、「強風で身動きが取れなくなった」と119番通報があり、救助に向かった静岡県警山岳救助隊と合流して富士宮口5合目まで下山したが、夜になって、容態が急変し、70代の誘導員の男性が死亡しました。もう1人の男性は無事。
 死因は、低体温症とみられます。

 誘導員2人は、民間警備会社に勤務しており、静岡県から業務を受託し、富士山で安全誘導業務を行っていたという。

 3人1組で、26日に登頂し、27日午前2時から山頂付近で混雑回避のため登山客らの誘導や案内を担当し、28日午前10時に勤務を終えて下山する途中で遭難したとようだ。

 登山者の安全を守る業務に従事する方が、このような形で亡くなられるのは残念で仕方ありません。

 男性のご冥福をお祈りします。


関連記事
北ア大天井岳で単独女性が遭難 (06月22日)
H29 東京都山岳遭難発生状況 (03月10日)
単独男性 八ヶ岳で遭難か (01月24日)
山の日に1人死亡6人けが (07月28日)
青森タケノコ採りで3名遭難 (06月08日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):