本日 1081 人 - 昨日 2837 人 - 累計 3065118 人
  • 記事検索

RSS

御嶽山9月中に規制解除か

 御嶽山は噴火後はじめて、山頂付近への立入規制が解除されるかもしれない。

 御嶽山の麓、木曽町では、山頂付近へ設置予定のシェルターの建設を進めており、そのシェルターは9月末までに完成する予定だという。

 シェルターが予定どおり建設されれば、山頂までの立入規制が解除される可能性がある。

 シェルターが設置されれば、万が一噴火が起きても、登山者の身を守ることができるからだ。

 シェルターは、コンクリート製で、幅2.6m×奥行4.0m×高さ2.4mで40人が避難できるものだという。 


関連記事
モルゲンロートのアルプス (02月04日)
jROが長野県にビーコン寄贈 (11月24日)
宝剣岳落雷で崩落 (07月22日)
駒ヶ岳のお得な日帰りプラン (12月07日)
長野県内大荒れの天気 (08月02日)
前の記事
次の記事
COMMENT
[1] イシイ | 2018/07/27 07:25
∩∩
^^)なんか狭いね。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):