本日 1258 人 - 昨日 4080 人 - 累計 2479775 人
  • 記事検索

RSS

長野県消防学校全国初の山岳救助科

 長野県消防学校で、全国で初めて設置された「山岳救助科」の訓練が始まりました。

 長野県消防学校では、消防が地上から救助に向かう機会が増えていることから、安全かつ迅速に活動を行うために、必要な技術と専門的な知識を習得する教育の場を設けたとのこと。

 山岳救助科では、座学として、山岳医療、山岳気象、地図検索等を学び、後半は実際に山に入り、救助技術等を学ぶという。

 消防ヘリの事故以降の1年間の山岳遭難件数が258件で、そのうち地上隊のみで救助した件数が98件となっており、前年同期より28件増加しているという。

 先日も、北海道で消防の救助隊員の滑落事故が発生している。救助する側は、まずは自らの安全を確保した上で、救助活動を行ってほしいと願うものです。


関連記事
舞鶴山地下壕で世界の地震観測 (01月03日)
もう一つの震災 (03月13日)
雪山の消防署 (01月10日)
最大規模の山林火災発生 (04月01日)
菅平氷点下20度 (01月18日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):