本日 1071 人 - 昨日 5034 人 - 累計 2789062 人
  • 記事検索

RSS

高山村ネマガリダケ遭難3件目

 信州高山村で、今年に入って3件目となる遭難が発生しました。

 6月26日、長野県の高山村の山で、ネマガリダケを採りに入山した長野県内の60代男性が遭難しました。

 遭対協などの救助隊が捜索しておりましたが、男性は自力で下山し無事救出となりました。
 男性は軽いけがをしているものの、命に別状はないということです。

 例年、遭難が多発する高山村ですが、抜本的な対策が必要かもしれません。たとえば料金所で、発信器を貸出、下山時に返却すれば料金を返すなど。

 今回遭難した男性は、単独の上、携帯電話を車内に残して入山したようです。山で携帯を無くしたくない気持ちもわかりますが、唯一の連絡手段を残していっては困りますよね。

 高山村の入山期間は、今月いっぱいとなっています。遭難は3件発生しましたが、死者行方不明者は発生しておりますん。このままシーズンが終わることを願います。


関連記事
富士山初の死者 (07月26日)
秋田森吉山で7人遭難 (10月10日)
群馬妙義山で男性滑落 (06月15日)
富山黒菱山で男性病死か (11月12日)
甲斐駒の渓谷で男女4人救助 (09月02日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):