本日 1031 人 - 昨日 5034 人 - 累計 2789022 人
  • 記事検索

RSS

救助活動中の消防隊員滑落し重体

 北海道の愛山渓で、滑落した女性を救助活動中の消防隊員が滑落し、重体となっています。

 救助活動中の消防隊員が滑落し重体となる痛ましい事故が起きてしまいました。
 消防隊員が無事回復することを願うばかりです。


 このニュースについては、NHKが以下のとおり伝えていますので引用します。


 23日午前、北海道上川町の愛山渓で、登山中の56歳の女性が滑落し、救助に向かった消防隊員の男性も現場付近で滑落しました。警察や消防によりますと、女性はその後死亡が確認され、消防隊員の男性は意識不明の状態だということです。

 23日午前11時20分ごろ、北海道上川町の愛山渓村雨ノ滝付近で、登山をしていた江別市の助産師河野千賀子さん(56)が転倒し動けなくなったと、一緒に登山をしていた河野さんの夫から消防に通報がありました。

 消防や警察がヘリコプターで救助に向かったところ、通報があった地点から滝つぼに向かってさらに深い場所に河野さんが滑落しているのが見つかりました。消防隊員2人がヘリコプターを降りて現場に向かいましたが、このうち32歳の消防隊員の男性が現場近くで滑落しました。

 その後、河野さんと消防隊員の男性は警察や道のヘリコプターで救助されましたが、河野さんはすでに心肺停止の状態で、搬送先の病院で死亡が確認されました。

 滑落した消防隊員の男性は頭を強く打っていて意識がなく、病院で治療を受けているということです。


 以上です。


関連記事
止まらないGW山岳遭難 (05月05日)
信州の夏山遭難5年で最低 (09月06日)
八ヶ岳の夫婦発見も死亡 (12月29日)
立山でスキー事故が相次ぐ (05月03日)
NZの救難信号米国で受信 (08月06日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):