本日 62 人 - 昨日 2798 人 - 累計 3185031 人
  • 記事検索

RSS

やっぱり利尻にヒグマがいた

 北海道の利尻島で、固定カメラにヒグマが撮影されました。利尻でヒグマの映像が確認されたのは、106年ぶりということです。

 利尻島では先月、海岸でヒグマのものと思われる足跡が見つかっていましたが、やはりヒグマがいたようです。

 6月15日午後10時40分ころ、島内の山林に設置された固定カメラがヒグマの姿を捉えて生息が確定したもの。

 利尻島でヒグマが確認されたのは106年ぶりだという。

 ヒグマは人間を襲い食べることから、これまでも北海道ではいくつもの悲劇が生まれている。島民も十分な警戒が必要となるだろう。

 


関連記事
猿を追い払い雷鳥を守る (06月18日)
向こう1か月高温か (07月10日)
「室堂平の積雪期(春期)利用ルール」を守ろう (04月19日)
硫黄岳のヒカリゴケ (07月07日)
北アの遭難事故から学ぼう (06月22日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):