本日 2773 人 - 昨日 3212 人 - 累計 3009660 人
  • 記事検索

RSS

高山村ネマガリで今年も遭難発生

 信州高山村で今年もネマガリダケで遭難が発生しました。

 6月20日、高山村の山林にネマガリダケをとるため入山した県内の60代男性が、一時遭難しましたが、捜索していた知人らによって発見されました。

 男性は、発見当時は低体温症の症状を示していたが命には別状ないようです。

 男性は、午前4時頃入山し、昼に帰宅しないため家族が警察に通報し、警察や友人が探していたいという。

 無事発見され本当に良かったです。高山村では毎年遭難が発生し、これまでに何人もの死者行方不明者出ている。

 今朝は雨が降っていたと思いますが、そんな天気の時は竹も滑るし、体も濡れるため、体力の消耗も激しいでしょう。気を付けないといけません。

 


関連記事
涸沢岳で滑落した女性は韓国人 (10月05日)
奥穂高岳で男性の遺体 滑落か (06月29日)
四阿山で疲労遭難 (01月06日)
尾瀬の遭難最悪ペース (11月01日)
信州またキノコ採りで死者 (10月11日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):