本日 3325 人 - 昨日 4593 人 - 累計 2759214 人
  • 記事検索

RSS

ガイド死亡事故の詳細

 雲取山でツアー客を引率中のガイドが死亡する事故がありましたが、その事故の詳細がわかりました。

 6月16日13時頃、山梨県の雲取山で、6人の登山客を2人のガイドで引率していましたが、そのうちの1人が突然倒れ亡くなりました。

 この時、救命活動に関わった七ツ石小屋のスタッフのブログから、その時の様子が分かりました。

 現場は、七ツ石小屋から3分ほど下った地点だった。
 
 男性ガイドが倒れ、仲間が消防に通報し、通りかかった大学生パーティの学生が小屋に知らせた。

 小屋番がAEDを持って駆けつけ、AEDを使用したが心拍は戻らなかったので、人工呼吸と心臓マッサージを実行。

 その後、15時頃に地上で駆け付けた、警察官により心肺蘇生は引き継がれ、また大学生パーティーのメンバーも交代で続けた。

 さらに消防の地上部隊が到着し、心電計付きAEDにより心肺蘇生法を継続しながら、18時頃、七ツ石尾根の作業用モノレールで運ばれ、待機していた救急車に引き継ぎ、20時過ぎに病院に搬送。
 しかし男性の命は助からなかった。

 この日は天候不良でヘリコプターが飛べなかったため、地上からの救助活動となったのですが、ヘリが飛べない場合の救助はいかに大変かがわかります。

 登山というのは、都市部と違い、救急車も救急隊が急行できない場所で行うものだと、改めて考えなければいけません。

 そして、ヘリコプターが飛べないような天候の時は、できれば入山は控えた方がよいでしょう。これは救命率につながる大きな問題です。

 また、体調が万全でないときは、登山は禁物です。準備は体調管理から、、。
あらためて男性のご冥福をお祈りするとともに、男性を助けようと懸命の心肺蘇生を試みたすべての人に敬意を表します。


関連記事
止まらないGW山岳遭難 (05月05日)
北岳で連続遭難事故 (07月30日)
赤岳、前穂、蝶ヶ岳でも滑落遭難 (05月05日)
信州キノコ採り遭難相次ぐ (10月04日)
高山村タケノコ狩り遭難発生 (06月19日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):