本日 953 人 - 昨日 5034 人 - 累計 2788944 人
  • 記事検索

RSS

登山中に亡くなったのは引率中のガイドだった

 グループ登山をしていた高齢男性が倒れ亡くなりましたが、亡くなった男性はツアーガイドとわかりました。

 6月16日、山梨県丹波山村の雲取山で8人パーティーンの16日、登山中の男性が突然倒れ病院に搬送された。
 男性はその後死亡が確認されました。

 後でわかったことですが、亡くなった男性は、7人を引率していた山岳ガイドと分かりました。

 昨年もツアーガイドが行方不明となる遭難事故がありましたが、引率者が遭難するとは通常は想定していません。ツアー参加者も無事でよかったです。

 亡くなったガイドの男性は病死とみられていますが、経験者であろうとだれであろうと、日ごろの体調管理は大切です。少しでも体調が悪ければ入山は控えましょう。

 男性のご冥福をお祈りします。

 


関連記事
涸沢岳で女性滑落 (08月16日)
常念で救助要請の男性死亡 (05月13日)
遭難したはずの女性が東京にいた (02月16日)
南ア鋸岳で男性滑落 (09月07日)
北アルプスで遭難相次ぐ (09月25日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):