本日 4523 人 - 昨日 6442 人 - 累計 2607768 人
  • 記事検索

RSS

高妻山残雪は6月下旬まで

 戸隠地区遭対協による調査では、高妻山の残雪は6月下旬までと報告。

 長野県戸隠地区山岳遭難防止対策協会が、6月5日に実施した登山道調査の結果を公表している。

 それによりますと、日本j百名山「高妻山」について、信州山のグレーディングでは「4D」で、標準コースタイム9時間。コースが長く、アップダウンが多いので、時間と体力に余裕を持って行動すること。

 残雪は6月下旬まで、九勢至~十阿弥陀の間の急斜面(山頂直下)にあり、毎年滑落事故が発生しているため、特に下山時の滑落・踏み抜き注意とのこと。

 高妻山頂~乙妻山までは残雪あり、弥勒尾根新道は、道はわかりやすい(笹の株などのつまづきに注意)。

 牧場~一不動の大洞沢沿いは、倒木、土砂崩れなどにより登山道がわかりにくいところがあるので、看板、ピンクテープ等を確認して進むこと。特に、滑滝下(沢を渡るところを見逃し、まっすぐ行ってしまいやすい) に注意とのこと。

 他の山については、長野市のホームページから「戸隠地区山岳情報」を検索してください。


関連記事
映画「岳」から学ぶもの (01月02日)
駒ヶ岳より見る「アーベントロート」 (11月06日)
白馬岳新ルートを検討か (10月20日)
滑走可能な信州のスキー場 (11月28日)
国立公園のマーク統一 (08月12日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):