本日 235 人 - 昨日 2221 人 - 累計 3077047 人
  • 記事検索

RSS

南ア北部遭対協隊員はほとんどが市職員

 南アルプス北部地区山岳遭難防止対策協会の救助隊の構成は、伊那市職員と警察官だという。

 南ア北部遭対協救助隊員は、現在、34名でほとんどが市の職員と伊那警察署の署員のようです。

 山に入る人は増えるが、救助隊の確保にはどの遭対協も苦労しているようです。

 消防団もそうですが、市町村の職員が頼りの綱です。

 二次遭難に注意し、無事に活動を行ってほしいと願うばかりです。ご苦労様です。


関連記事
学習院大の二人は雪の中から発見 (02月11日)
今年もきのこシーズン始まる (09月16日)
山スキーで遭難相次ぐ (04月09日)
不可解な志賀高原の落石事故 (07月23日)
昨日、2件の滑落遭難が発生 (06月04日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):