本日 50 人 - 昨日 6138 人 - 累計 2590576 人
  • 記事検索

RSS

穂高岳山荘小屋番宮田さん未だ不明

 北アルプス穂高岳山荘の小屋番だった宮田八郎氏が南伊豆で行方不明となり1カ月が過ぎました。

 北アルプスを舞台に活躍してきた有能な2人が先月南伊豆の海で、1人は亡くなり、1人は行方不明となっています。

 4月5日、静岡県南伊豆の海へ、2人の男性が二人乗りシーカヤックに乗り沖合に出た。その後2人は行方不明になってしまいました。

 4月8日早朝、静岡県沼津市の海岸にで、男性の遺体が漂着しているのが発見されました。このご遺体は、長野県松本市の山岳ガイド木村道成さん(61)だった。ご冥福を心よりお祈りします。

 これは後に分かったのですが、いまだに行方不明となっているのは、北アルプスの穂高岳山荘の小屋番で、八プロダクション代表の宮田八郎さんだったといこと。

 宮田さんらは、6月に計画していた北海道知床シーカヤック旅の訓練を南伊豆でしていたようです。

 不明となっている宮田さんを、山の仲間などが今も懸命に探しています。今後は捜索チームを編成するという話も聞いていますが、少しでも早く発見されることを切に願います。

 宮田さんも木村さんも、北アルプスの登山者の安全を守ってきた人でもあります。小屋番やガイドの傍ら、遭対協の隊員として多くの遭難者を救助してきました。その功績は多大であります。本当に貴重な方々を失い、残念で仕方ありません。

 宮田さんの撮影した山の画はこれもまた見事なものです。あんな素晴らしい画をとれるのは宮田さん以外にいません。

 また、涸沢ヒュッテの山口社長さんを山の兄貴と思っていると聞いたことがあります。山口社長さんは、宮田さんを八ちゃんと呼ばれていて、山岳フォーラムでも二人のトークは名物となっていました。
 この二人で何人もの命も救ってきたのに、その宮田さんが海で遭難するとは本当に残念です。

 宮田さんのブログの最後の更新は奥さんが行っています。
 4月18日に奥さんが更新したブログを掲載させていただきます。


 「ぼちぼちいこか」を 読んでくださっているみなさまへ

 すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、
 このブログを書いている、ハチプロダクション代表 宮田八郎は、
 4月5日、南伊豆子浦海岸よりシーカヤックで出艇した後、不慮の事故により行方不明となってしまいました。

 海上保安部、警察、防災、そして山の仲間たちや友人が捜索を続けてくれていますが、
 残念ながら未だみつかっておりません。

 穂高で活動している宮田八郎が、なぜ南伊豆で・・・ と思われますが、
 この後6月に計画していた、知床シーカヤックの旅にむけた練習場所だったこと、
 4月中旬の穂高入山までのこの時期、携わっているヒューマンドキュメンタリー作品の心象風景撮影、
 情熱を注いでいる星空撮影の場所がこの地であったのです。

 シーカヤックスキルアップの話や写真、
撮れた、撮れなかった映像の話を聞くはずだったのですが、残念ながらできません。

 みなさまにはご心配をおかけしていると思いながら、
 お知らせが遅くなりましたこと、深くお詫び申し上げます。

     2018年4月18日 宮田和子


関連記事
哀悼 岐阜県消防防災ヘリ「若鮎Ⅱ」 (09月11日)
タケノコ採り女性熊に襲われる (05月27日)
北ア遭難多発 (08月28日)
東工大生を巻き込んだ立山の雪崩 (12月02日)
黒姫山で遭難三日後に下山 (05月16日)
前の記事
次の記事
COMMENT
[2] d-search | 2018/05/22 10:33
ドローンを使った遭難者の捜索活動などしてます、カヌーガイドもしてました。 波乗りもしてましたがシーカヤック経験は乗った事がある程度ですが最近漕いでないですがパドル力はそこそこあります。良ければ協力させてもらいます。
[1] 山端穂高 | 2018/05/20 00:54
ぼちぼちいこかの愛読者でした。昨年はNHKの中継にも美しい映像とともに出演されていました。ずいぶん前ですが、穂高岳山荘でピナトゥボ火山噴火後のみごとな夕焼けを撮影されている後ろ姿が印象的でした。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):