本日 353 人 - 昨日 3335 人 - 累計 2474790 人
  • 記事検索

RSS

岳沢周辺で雪崩多発

 北アルプスでは昨日からの降り積もった湿雪のため、沢筋で雪崩が多発しているとの情報があります。

 岳沢ヒュッテの情報では、

 湿った重い雪で、7時過ぎくらいから周辺の各沢筋では雪崩が続発しました。
 宿泊の方も雪降り模様に出発を見合わせていましたが、7時過ぎに前穂に向け出発。

 しばらくして、様子を見に外に出ると、奥明神沢にはさっきまではなかった雪崩の跡が沢の上部から末端まで伸びていました。当人が気づいているのかどうかは定かではなかったのですが、さらに2波目の雪崩も発生したので、ホイッスルを吹いて警戒を呼び掛ける事態となりました。

 幸いに沢の広い場所だったので、難は逃れましたが、あと30分早く出発して、沢の狭い部分に差し掛かっていたら逃げ場はなく、アウトだったでしょうね。その人はそこであきらめて引き返してくれました。

 雪崩の様子を見に出かけてみると、歩いている15分ほどの間だけでも天狗沢や西穂高沢、扇沢、滝沢など随所で雪崩が発生していました。

 5月はまだまだ低気圧の進路や寒気の影響で雪の降ることも多く、雪崩のリスクは多分にあります。直近の気象条件に注意して山を楽しんでください。

 以上


関連記事
長野で大停電 交通・病院マヒ (03月03日)
長野県地域防災計画の修正へ (12月21日)
GW前半は好天になりそう (04月27日)
遭難救助ヘリのこと (04月05日)
岳沢周辺で雪崩多発 (05月10日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):