本日 155 人 - 昨日 2766 人 - 累計 3012635 人
  • 記事検索

RSS

GW山岳遭難15件

 ゴールデンウィーク期間中、信州の山岳で発生した遭難は15件だったことがわかりました。

 信州で発生したGW期間中の山岳遭難は15件(県警まとめ)で、昨年より8件減った。
 これは期間後半の悪天候で入山者が減ったことが原因の一つであると考えられる。11件は前半に発生している。

 15件の遭難で、死者・行方不明2人、負傷8人。

 山域別では北アで10件と断トツ。

 期間後半に発生した山岳遭難の主なものは次のとおり

 5月3日、中央アルプス空木岳で、60代男性が道迷い遭難。無事発見山小屋へ収容。

 5月4日、北アルプス明神岳で、50代女性が滑落して負傷。翌日ヘリにより救助。

 5月5日、北アルプス槍ヶ岳で、70代女性が滑落して行動不能。山小屋へ収容。

 5月5日、北アルプス白馬乗鞍岳で、70代男性がバックカントリースキー中に転倒して行動不能。ヘリにより救助。

 


関連記事
妙高バックカントリーの高齢男性生還 (01月17日)
立山で雪崩遭難 (11月23日)
長野県警の秋山情報 (11月05日)
キノコ採り滑落事故多発 (10月04日)
中央アルプス遭難発生状況 (03月05日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):