本日 2947 人 - 昨日 4593 人 - 累計 2758836 人
  • 記事検索

RSS

立山国見岳で雪崩発生

 立山連峰国見岳では、表層雪崩が観測されました。

 5月5日午後、国見岳東面において人為的な原因による表層雪崩が観測されたようです。
 けが人等の情報は入っていません。

 4日の降雪により、多いところでは50センチの新雪があるとのことです。不連続面で雪崩が発生しやすくなっていると思われます。
 山スキーは特に注意が必要です。気を付けてください。


関連記事
氷点下36度の以下の寒気が流れ込む (12月10日)
50cmの噴石に耐えるシュエルターを (12月13日)
祝落成 諏訪広域 岡谷消防署 (12月12日)
長野県内は雨となっています (01月30日)
白馬エリア雪崩の危険性高まる (02月12日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):