本日 349 人 - 昨日 3335 人 - 累計 2474786 人
  • 記事検索

RSS

富士山5合目に自動翻訳機

 富士山5合目にあるインフォメーションセンターに自動翻訳機が設置されました。

 ゴールデンウィーク真っただ中、富士山も国内外からの観光客でにぎわっていることでしょうが、富士山5合目にあるインフォメーションセンターに、新たにインバウンド対応の自動翻訳機が導入された。

 もともと同センターには、英語や中国語の通訳が常駐しているが、今年は12カ国語に対応したタブレットに加え、新たに自動翻訳機を導入したという。
 翻訳機は50以上の国の言語に対応しているという。

 標識も外国語表記が義務化されるなど、山岳におけるインバウンド対策がとられています。信州の山岳観光地も本当に外国人の方が増えました。安心して安全に楽しんでいただくためには必要なことです。


関連記事
ヘリ有料化でも航空法の許可不要 (02月21日)
山岳スキーナイトレース開催 (02月11日)
田部井淳子「人生は8合目からがおもしろい」 (05月15日)
嬬恋村から「消えた硫黄鉱山」 (09月03日)
登山届提出者46万人 (10月26日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):