本日 890 人 - 昨日 2940 人 - 累計 3004565 人
  • 記事検索

RSS

阿弥陀岳滑落事故2組に分かれ繋がっていた

 八ヶ岳連峰阿弥陀岳で3人が死亡した滑落事故の7人パーティーは、3人と4人に分かれロープに繋がっていたようだ。

  3月25日に八ヶ岳連峰阿弥陀岳で発生した7人滑落事故では、パーティー全員が滑落したことから、どのようにロープでつながっていたかが憶測を呼んでいた。

 先日、読売新聞の記事によると、7人が所属する山岳会の代表者が、負傷したメンバーから聞き取った状況について、3人と4人に分かれそれぞれロープに繋がっていたことがわかったという。

 そして、日本山岳ガイド協会認定ガイドの赤松氏の話として、ザイルでつなぐ人数は、2人1組で登るのが通常で、それ以上は困難との見解を報じている。

 7人が滑落した現場は、岩場に雪が残る60から70度の急斜面だったとのこと。 


関連記事
奥穂高岳で5人動けず (05月06日)
春山講習中の高校生を雪崩直撃 (03月27日)
信州の山岳遭難前年を下回る (02月19日)
阿弥陀岳で滑落事故 (02月24日)
白馬コルチナで女性宿に戻らず (12月29日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):