本日 847 人 - 昨日 2940 人 - 累計 3004522 人
  • 記事検索

RSS

長野県警ヘリ運航見合わせ

 長野県警の2機あるヘリコプターの1機が、部品落下に伴う点検のため運航を見合わせています。

 長野県警ヘリコプターの「やまびこ1号」(AS365N3)は、4月25日の訓練飛行中にねじなどを落下させたことがわかり、運航を見合わせて点検をおこなっている。

 このため、一時的に長野県内で救助にあたれるヘリコプターは県警の「やまびこ2号」(AW139)のみとなってしまったが、ゴールデンウイークには運航再開となりそうだ。
 結局、影響も少ない大して重要でもないねじだったということ。

 雪解けの早い今年の春山は、入山者が増えることも予想される。早く2機体制に戻してほしいもの。

 なお、1機体制のでは、まず長野県警のヘリが出動、次は他県の警察ヘリか、消防ヘリが応援要請を受けて出動することになる。
 現在、民間のヘリによる救助は行われていない。

 なお、長野県の消防防災ヘリは、現在、空中消火訓練を行っていて、ゴールデンウィーク明けから、林野火災対応の空中消火や、災害対応活動から再開する見通しとのこと。

 山岳救助活動の再開の見通しは立っていないとのこと。


関連記事
尾瀬の遭難最悪ペース (11月01日)
朝日岳の四人は救助 (07月21日)
川上岳、大山で滑落死亡事故 (05月05日)
信州生坂の京ヶ倉で女性滑落 (04月26日)
キノコ採り遭難続発 (09月21日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):