本日 1425 人 - 昨日 3412 人 - 累計 2319187 人
  • 記事検索

RSS

骨盤骨折も自力で這い上がり救助待った

 白馬乗鞍で救助された男性は、骨盤骨折の重傷を負っていた。

 北アルプス白馬乗鞍岳で遭難し、今日救助された男性は骨盤骨折の重傷を負っていたことが分かった。

 救助された県内の30代男性は、白馬岳と小蓮華山の間の稜線上標高2,700mに張ったテントにいたという。

 男性は約100m滑落したものの、自力で登り返しテントに戻ったあと、動けなくなったようだ。

 とにかく無事発見されてよかったですね。


関連記事
旭岳で発見男性は2月の不明者 (07月18日)
冷え込んだ北アで2人心肺停止 (09月30日)
鹿島槍五日ぶりに救助も (08月18日)
17歳の日本人クレパスに転落 (05月12日)
涸沢岳で大学生滑落 (09月14日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):