本日 191 人 - 昨日 2963 人 - 累計 2211033 人
  • 記事検索

RSS

富士山入山者増加傾向

 富士山への登山者は2年連続増加している。遭難者は10年で三番目に多い83名。

 富士山の登山者は、登山道に設置された赤外線カウンターで計測されるため、かなり実数に近いものと思われる。

 富士山適正利用協議会の調べによると、平成29年の富士山の登山者は、最近の10年では7番目の284,862人と少ないが、平成27年の23万人を底に増加に転じている。これは5年前の世界遺産への登録を影響したのかもしれない。

 平成29年中遭難は、78件で83人ので遭難者がいて、うち7人が亡くなっている。なお、この7人はすべて登山道閉鎖期間中の入山によるもの。

 遭難件数、遭難者とも登山者が最大の32万人だった平成22年より多くなっている。これは天候など様々な要因があるにせよ、経験や体力のない登山者が増えてきた結果かもしれない。


関連記事
長野県警「里山登山の注意点」発表 (04月29日)
御嶽山規制区域に不法進入者 (06月29日)
登山家の松浦輝夫さん逝く (11月07日)
国天然記念物「鬼岩」にハーケン (06月20日)
野沢温泉スキー場グランドOPEN (12月16日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):