本日 1537 人 - 昨日 7285 人 - 累計 2622912 人
  • 記事検索

RSS

信州山火事多発緊急事態

 長野県内で今年に入り山火事が多発し、今年すでに7人の死者が出ているという。

 長野県は、今年に入ってから山火事や下草火災が多発して、既に7人の方が亡くなっていると発表した。
 例年、2月から6月の死者は2、3人だというが異常に多い数字。

 4月2日には、大規模な火災が飯田市で発生し、長野県は岐阜県、山梨県、静岡県に消防ヘリコプターによる応援を要請。さらに自衛隊にも災害派遣要請をして、チヌークによる空中消火も行われた。

 長野県には消防防災ヘリコプターが事故で失われ、現在はリース機による訓練中でまだ出動はできない状態。

 しかし、いくら火災予防を呼び掛け、これだけ騒がれても、土手を焼いたり、剪定枝や枯草を燃やして火事を出す。いままだやって来たからと思っても、火事にならなかったのは運がよかっただけ。もうやめましょう。
 山火事になるとどれだけ迷惑をかけるのか考えてほしいもの。山岳遭難の比ではないこと。


関連記事
火山予知連草津白根山の見解 (01月27日)
北海道で氷点下30℃を下回る (01月25日)
上田全国5位の31.5℃ (04月22日)
消防防災ヘリ「アルプス」出動 (04月28日)
嵐が去りました (05月04日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):