本日 153 人 - 昨日 2600 人 - 累計 3084874 人
  • 記事検索

RSS

中国が日本に圧力をかけ救助させた?

 中国が日本に圧力をかけたおかげで、中国人男性は救助されたのか?

 3月19日、北海道の旭岳でスノーボードをしていて遭難した中国人の男性が無事救助された遭難事案がありましたが、この男性が中国領事館に送った感謝の手紙が波紋を呼んでいる。

 その手紙の内容は次のとおり

 「途中でコースを間違えた事に気付いた。軽装備のために身体はすっかり冷え切って、夜には身体が震え出して眠くなった。もはやこれまでと遺言を録音し始めたときに、救援の笛の音が聞こえた。叫んだが気づいてもらえず絶望したが、程なくして再び笛の音が聞こえ、一筋の光が見えた。大声で叫ぶと反応があり、ついに救助された!」

 「われわれの背後には偉大な祖国があり、人の救助を第一にすべしと日本の警察に圧力をかけてくれました。救助隊の到着があと30分遅かったら、彼らは遺体を見ることになったでしょう。札幌の中国領事館には最も誠意ある感謝を示します。もし領事館が私のために貴重な救助の時間を勝ち取ってくれなかったら、私はもうこの世にいなかった。1人の中国人として、国を誇りに思います」


 これが本当ならガッカリですね。


関連記事
奥穂高で男性遭難か (09月01日)
立科でスキーヤー衝突死 (02月05日)
韓国人対馬で遭難 (07月24日)
「山岳救助活動における消防・警察の連携会議」開かれる (07月21日)
週末の信州の山岳遭難相次ぐ (07月25日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):