本日 3528 人 - 昨日 4051 人 - 累計 2886388 人
  • 記事検索

RSS

中部山岳登山道標識デザイン統一

プレート 中部山岳国立公園内の登山道の標識デザインが統一されました。

単柱A 環境省は、中部山岳国立公園における安全で適正な登山利用を促進するため、登山道に設置された標識のデザイン(構造、色彩、記載事項等)の統一デザイン基準を定め、平成30年3月1日から運用を始めた。
 今後は新しい基準に基づき標識が設置されていくことになる。

 標識は、新規に設置する場合などは、新しいデザイン基準のものでないと設置が認められないことになる。


腕木 新しいデザインは、茶色をベースに白色の文字とし、視認性を高めるためのアイキャッチは黄色で文字は黒色となる。

 言語は日本語と英語、フォントは「ユニバーサルデザイン 丸ゴシック」、そのほか構造、材質、大きさも決められている。

 登山道標識統一デザイン基準はこちら★中部山岳国立公園デザイン基準

 中部山岳国立公園は、北アルプス一帯を包含する国立公園。


関連記事
山岳写真展 松本で開催中 (01月31日)
御嶽山山頂付近の規制解除 (09月26日)
登山届提出者46万人 (10月26日)
信州の師走はかなり高温か (12月05日)
御嶽山規制区域に不法進入者 (06月29日)
前の記事
次の記事
COMMENT
[1] 通りすがり | 2018/03/26 15:55
「★中部山岳国立公園デザイン基準」のリンク先がローカルになっています
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):