本日 199 人 - 昨日 2963 人 - 累計 2211041 人
  • 記事検索

RSS

妻子とスキー場を訪れた男性相次いで死亡

 妻子とスキーやスノボを楽しんでいた男性が2人亡くなる悲しい事故が起きていました。

 いずれの事故も妻と子供2人とスキー場を訪れた男性が、福井ではスキーを、宮城ではスノーボードをしていた男性が立木にぶつかり亡くなっています。

 3月17日、福井県の「スキージャム勝山」で、スキーをしていた大阪府の50代男性が、杉林で顔から血を流し倒れているのところを別のスキーヤーに発見されたが、病院に運ばれた死亡が確認された。

 3月18日、宮城県の「みやぎ蔵王白石スキー場」で、スノーボードをしていた宮城県内の40代男性が立木にぶつかり、病院に運ばれましたが死亡が確認された。

 いずれの事故も、家族と訪れ楽しんでいての事故。とても悲しい事故です。
 ご冥福をお祈りします。

 この時期の雪は、早朝や気温低いときはアイスバーン、気温が緩むとザクザクの重いシャーベット状の雪となり、かなり脚の負担となります。

 確実なスピードコントロールと、脚が疲れてきたら無理をしないことが大事です。
 また、思わぬ雪のたまりに突っ込むこともあります。十分注意してください。


関連記事
タケノコ狩り遭難死因は心疾患 (06月26日)
三連休の山岳遭難 死者2名 (07月22日)
登山者 増水した沢で流され5名不明 (08月16日)
甲斐駒で亡くなったのは音楽家 (04月19日)
南アで登山者川に流される (08月17日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):