本日 138 人 - 昨日 2600 人 - 累計 3084859 人
  • 記事検索

RSS

志賀草津道路4月20日開通

白根山1519 冬期閉鎖となっている志賀草津道路は、4月20日に開通されることがわかりました。

 志賀草津道路は、本白根山の噴火の影響で、通行規制が解除されるのか心配されていましたが、群馬県は4月20日冬期閉鎖を解除し開通させることを決めた。

 志賀草津道路は、長野県の志賀高原と群馬県草津町を結ぶ国道292号のことで、一体の観光にとってなくてはならない道路。

 本白根山の噴火警戒レベルが「2」となり、立入規制は火口から半径1キロ圏内となったことで、道路はこの圏内から外れたことによる。

 なお、殺生河原駐車場前と万座三叉路間の8.5キロ区間は、当分の間、昼間(7:00-18:00)のみ通行でき、夜間は通行できない。

 また、道路わきの富士見台駐車場には退避壕を設け、安全対策も講じるという。

 先日、湯釜のある白根山と本白根山は、別々に噴火警戒レベルを運用することになっている。


 ※写真は、志賀草津道路と草津白根山。2016年4月23日撮影。


関連記事
草津白根山航空写真公開 (03月07日)
群馬県防災ヘリ事故に寄せて (08月11日)
自衛隊広報ROOMリニューアル (04月15日)
草津白根山噴火警戒レベル2に引き上げ (04月22日)
台風第24号の信州への影響 (10月01日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):