本日 1427 人 - 昨日 2600 人 - 累計 3086148 人
  • 記事検索

RSS

鹿島槍で二人遭難救助待つ

 北アルプスの鹿島槍ヶ岳で2人が遭難し、救助を待っています。

 3月20日、北アルプスの鹿島槍岳に登山をしていた男性2人が救助を要請した模様。

 救助を要請したの大阪府の30代と50代の男性で、2人は17日に入山し19日に下山予定だったが、標高2000m付近の赤岩尾根近くで道に迷い、長野県警に救助を要請したという。

 20日は悪天候で地上からの捜索はできなかったようで、今日、活動が再開される見込みだが、今日も天候はよくない。気温も低く風も冷たい。
 2人の安否が心配されるが、無事救助されることを願いたい。

 鹿島槍ヶ岳では、先日、単独で登山をした男性が滑落し亡くなっている。


関連記事
信州の山岳遭難相次ぐ (05月02日)
南アで雪崩調査員が滑落 (02月05日)
白馬岳4人遭難死のガイド再び有罪 (10月31日)
赤岳、前穂、蝶ヶ岳でも滑落遭難 (05月05日)
英彦山で夫婦が遭難 (11月17日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):