本日 3084 人 - 昨日 7584 人 - 累計 2632043 人
  • 記事検索

RSS

鍋倉山バックカントリーで重傷

 信州北信濃の鍋倉山で、スノーボードをしていた男性が立木に衝突し重傷を負いました。

 3月18日、長野県飯山市の鍋倉山でスノーボードをしていた埼玉県の40代男性が、立木に衝突し左脚骨折の重傷を負っていたことがわかりました。

 男性は自ら警察に通報したということですが、電波が届いて良かったと思います。

 鍋倉山は、道路の冬期閉鎖が解除される頃、ブナの根明けと新緑を楽しむ人で賑わいます。当然、山スキーを楽しむ人もいます。
 ブナの木もあり、地形も複雑ですので、それなりの滑走技術がない方は遠慮した方がいいでしょう。


関連記事
立山救助を待つ二人は死亡 (05月03日)
白沢天狗山スキーの男性の死亡を確認 (02月16日)
スキーリフト逆走し10人けが (03月17日)
北海道で登山の親子遭難 (07月29日)
遭難が止まらない (07月15日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):