本日 3421 人 - 昨日 4051 人 - 累計 2886281 人
  • 記事検索

RSS

登山者とみられる白骨遺体見つかる

 長野県白馬村の川で、登山者とみられる一部白骨化した遺体が見つかりました。

 3月17日、長野県白馬村の平川の川の中に、冬用の厚手の上着を着た一部白骨化した遺体が見つかり、付近には地図や食料の入ったザックが見つかったことから、冬山で遭難した登山者の可能性が大きい。

 遺体は、近くを通りかかった登山者が見つけ届け出た。遺体の身元や性別は分かっていない。
 
 平川は五竜岳東側を源に、八方尾根と遠見尾根に挟まれた谷を流れる川で、遺体が発見された場所は、白馬村内から直線で6キロほど上流ということになると、八方山と小遠見山を結ぶ中間あたりと推測できる。

 この一帯では近年、複数の行方不明者がいて、最近では、2017年2月、唐松岳に入山したと思われる50代の男性が行方不明となっている。
 早く身元が判明し、家族のもとに帰してほしいところ。

 ご冥福をお祈りします。


関連記事
春山講習中の高校生を雪崩直撃 (03月27日)
甲武信ケ岳へ向かった男性帰宅せず (08月16日)
今年もきのこシーズン始まる (09月16日)
赤岳で転倒し怪我 (04月14日)
秋田でまた人食い熊か遺体発見 (06月25日)
前の記事
次の記事
COMMENT
[3] 名無し | 2018/03/21 10:43
今回、身元が判明された方がご家族の元に戻れて本当によかったと自分のことのように安堵しております。今後ともよろしくお願い致します。
[2] 事務局 | 2018/03/21 09:44
 メールありがとうございます。
 ご主人のことでは、眠れない日々をお過ごしのことと思います。一日でも早く発見されますことを願います。
[1] 名無し | 2018/03/20 14:38
2月に唐松岳で消息を絶った者の妻です。
今回、こちらの記事で白馬平川での遺体発見のことを知り、警察へ問い合わせをさせて頂きました。気にかけて頂き有り難いです。今回は別の遭難者の方でしたが。これからも貴重な情報の発信をお願い致します。あの日から毎日のように記事を確認しております。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):