本日 199 人 - 昨日 2963 人 - 累計 2211041 人
  • 記事検索

RSS

スキーリフト逆走し10人けが

 海外のスキー場で、スキーリフトが逆走し乗客10人がけがをした。

 3月16日、ジョージア(旧グルジア)のスキー場で、トリプルリフトが2倍のスピードで逆走し、リフトに乗っていたスキー客が衝突や危険を回避するため飛び降りたことにより、少なくとも10人がけがをしたという。

 この事故の様子を写した映像が、YouTubeにアップされているのでご覧いただきたい。★スキーリフト逆走事故

 映像を見ると、リフトに振り回されて飛ばされる人、衝突して落下する人、衝突によるけがを避けるため次々と人が搬器から飛び降りる映像が映っていて、とても衝撃的なものです。

 こんなことがあり得るのだろうか。

 日本国内では、平成28年度にスキーリフト(特殊索道)における人身傷害事故は32件発生していているが逆走事故は起きていない。乗客が降する際に転倒して搬器と接触たものや搬器から転落したものなどが24件で全体の75%を占めている。幸い死亡事故は発生しておらず、負傷者は33名だった。

 なお、索道事故情報が国土交通省から公表されるようになった平成19年度以降では2件の死亡事故が発生している。

 


関連記事
中ア空木岳で女性滑落 (04月19日)
北岳で男性が心肺停止に (11月03日)
八方尾根の不明米国人に関する情報 (03月02日)
船窪岳の単独女性が不明 (08月01日)
早大OBの捜索は打ち切りか (01月27日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):