本日 683 人 - 昨日 5172 人 - 累計 2783640 人
  • 記事検索

RSS

信州最北端で最大級節分草群生地

節分草拡大8846 戸倉の節分草が見ごろを迎えます。




群生_8842 東日本最北端で、県内最大級の戸倉地区の節分草群生地は、まもなく見ごろを迎えます。

 今年は雪解けも早く、気温が高くなったため一気に開花したようです。

 そもそも節分草は、冬の間、雪の下でつぼみで耐え、雪解けとともに花を咲かせますが、雪解けの遅い信州では、節分に咲くことはなくこれからが見頃です。

 白く小さな可憐な花は、春の妖精ともいわれ大変人気のある花ですが、環境省は準絶滅危惧種に、長野県は絶滅危惧Ⅱ類(絶滅の危険が増大している種)に指定している貴重な花です。

 千曲市にはほかに倉科の群生地もあります。群生地へアクセス等は、「信州千曲観光局」のホームページをご覧ください。


関連記事
臥龍公園の桜 (04月06日)
モルゲンレートのアルプスと月 (11月07日)
2015高山村ネマガリダケ情報 (06月02日)
小布施岩松院と一茶 (04月24日)
上高地冬期入山ルール (12月02日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):