本日 2444 人 - 昨日 2729 人 - 累計 3003179 人
  • 記事検索

RSS

新燃岳入山規制4キロ圏内に

 爆発的な噴火が続く新燃岳で、今回で最大の噴火が起きた。

 気象庁は、本日(10日)05時05分に霧島山(新燃岳)の火口周辺警報を発表し、警戒が必要な範囲を概ね3kmから概ね4kmに拡大しました。

 それによりますと、

 霧島山(新燃岳)では噴火活動が活発化しており、本日(10日)01時54分及び04時27分の爆発的噴火では大きな噴石が火口から1,800mまで飛散。

 地殻変動観測では、昨日(9日)18時頃から新燃岳方向が隆起する傾斜変動がみられ、また火山性地震は引き続き多い状態で、一日あたり200回を超えているという。
 
 弾道を描いて飛散する大きな噴石が火口から概ね4kmまで、火砕流が概ね2kmまで達する可能性があり、警戒が必要とのこと。
 風下側では火山灰だけでなく、小さな噴石(火山れき)が風に流されて降るおそれもあるという。
 
 爆発的噴火に伴う大きな空振によって窓ガラスが割れるなどのおそれがある。

 火山ガス(二酸化硫黄)の放出量が、非常に多い状態となることがあり、風下側では流下する火山ガスに対しても注意が必要とのこと。
 また、降灰が続いていることから降雨時の土石流にも注意必要。

 大変な噴火となっているいるようです。噴煙は、上空4000m以上に達しているようで、航空機の飛行にも影響がでるでしょう。

 火山灰による農作物への影響も気になります。
 ご当地の皆さん、ご不便な生活でしょうが、くれぐれもご注意ください。


関連記事
栂池パノラマウェイは消防団員を優遇 (06月08日)
続報 長野県北部の地震 (11月24日)
関東地方大雪警報基準引き下げ (11月10日)
来週は大雪か (01月20日)
口永良部噴火 犠牲者0の影に消防団が (06月08日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):