本日 35 人 - 昨日 2705 人 - 累計 2328753 人
  • 記事検索

RSS

国土地理院登山道修正し地形図公表

 国土地理院は、登山道を修正した地形図を公表しました。

 国土地理院は、今回、「上高地」及び「八ヶ岳」地域の主な登山道を修正した地形図を公開しました。

 国土地理院では、昨年から、地形図の登山道をより正確にするため、株式会社ヤマレコ及び株式会社ヤマップと協定を結び、登山者の移動経路情報などの提供を受けていた。

 今回の地形図の修正は、登山者が多く大量の移動経路情報が利用できた上高地及び八ヶ岳地域の主な登山道を対象とし、登山者の移動経路と地形図の登山道が大きく異なる箇所を修正したとのこと。★地形図の修正事例(蝶ヶ岳・上高地)
 ようは多くの人が歩いたところが道ということ。人が歩けば道になる。

 これまで、地形図上の登山道の位置は、おやっと思うものあったが、修正されてこなかった。登山道の付け替えが行われても、その情報が国土地理院が把握する手立てがなかったということ。

 国土地理院では、今後、全国の主要な登山道の修正を順次行うとのこと。
 登山道の位置がより正確に地図に落ちれば、登山者にとってはより安全な山行につながるということ。(地図も見ない人は何も変わらないのだが)


関連記事
「山ピコ」も登山計画書届出先に追加 (08月05日)
中ア「西駒んボッカ」締切迫る (05月06日)
新穂高第2ロープウェイ運休のお知らせ (06月15日)
ついに白馬も初雪 (10月01日)
エベレスト最年少登頂はあの女性だ (05月27日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):