本日 319 人 - 昨日 2798 人 - 累計 3185288 人
  • 記事検索

RSS

ヘリ事故献花絶えることなく

献花台_8702 長野県消防防災航空センターに献花に訪れる人が途絶えることはない。

 長野県消防防災ヘリコプターの事故から1年が経った今も、献花に訪れる人は絶えることがない。

 長野県消防防災航空隊がいかに県民や全国の人に愛されてきたかが伺える。

 献花台に捧げられた詩に、とても情景がはまるものがありましたので紹介します。


 残雪に 尊い命 消えふして 無言にたたずむ 悲しき山なみ

 鉢伏の白きゆきに うずもれて 九名の命 今や帰らず



 ※原文を尊重しそのまま字句で掲載させていただきました。


関連記事
荒船山で母子遭難か (09月28日)
野沢温泉スキー場で窒息死 (12月28日)
先週も中アで滑落事故 (03月30日)
穂高連峰で滑落相次ぐ (04月29日)
岩場滑落し女性宙づりに (09月23日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):