本日 1640 人 - 昨日 4120 人 - 累計 2775413 人
  • 記事検索

RSS

富山県警「山岳安全課」設置

 富山県警は新年度から「山岳安全課」を設置する。

 富山県警は、平成30年4月1日から「地域部」を新設して、同部の中に「山岳安全課」を設置すると発表した。

 「山岳安全課」は、山岳警備隊を昇格させ、30人体制となる予定。「山岳安全課」を設置し、中高年の登山ブームや外国人観光客の増加に対応し、救助体制や遭難防止活動を充実させ、登山者の安全確保に努めるのが目的。

 山岳安全に特化した課の設置は、長野県警の「山岳安全対策課」に続き2県目。長野県警山岳安全対策課は2015年4月に設置されている。

 山梨県警も山岳遭難対策として、「山岳警備安全対策隊」を新たに設置することを決めている。
 山岳を抱える県においては、山岳遭難対策は急務。警察も本腰を入れ始めたということでしょう。

 


関連記事
850週連続山歩き達成! (06月24日)
エベレスト最年少登頂はあの女性だ (05月27日)
黒部ダム観光放水始まる (06月29日)
本白根山コマクサ大群落見頃 (07月08日)
立山山岳スキー情報の発信始まる (04月15日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):