本日 359 人 - 昨日 3335 人 - 累計 2474796 人
  • 記事検索

RSS

ロードサービスの社員はなぜ死んだのか

 北海道苫小牧で雪のため動けなくなった、車の救出に向かったロードサービスの男性社員が亡くなるという残念な事故が発生しましたが、なぜ男性は亡くなったのか不可解である。

 3月1日、発達した低気圧が通過し冬型の気圧配置となった北海道で、NHKの20代記者が趣味の鹿狩り出かけ、苫小牧市内の林道で雪のため動けなくなった。

 男性記者の要請により、車の救出に向かったロードサービス会社の20代の男性従業員が亡くなってしまった。死因は、低体温症だった。

 男性従業員は、救助要請に基づき同僚2人と出動したが、現場に来る予定の除雪車を捜しに行ったまま行方不明となった。

 通報により救助活動をしていた消防や警察が、2日未明に道路わきに倒れていた男性従業員を発見したが、その後死亡を確認した。

 当時、札幌管区気象台は石狩、留萌地方が数年に1度の猛吹雪になっているとし、不要不急の外出を控えるよう呼び掛けていた。
 こんな日に鹿狩りに行く者にも批判が集まっている。NHKでは謝罪のコメント出している。

 亡くなった男性従業員も、どうして道路わきに倒れたのか、詳細は不明であるが、猛吹雪の中、体温が奪われ力尽きたとも考えられる。

 豪雪や厳寒の中でのロードサービスは、本当に命がけです。ドライバーも気を付けないといけません。


関連記事
剱岳では滑落事故 (05月04日)
休憩中に食べ物を詰まらせ救助要請 (08月03日)
奥穂高岳で男性滑落か (09月02日)
単独の90歳女性西穂で救助 (07月17日)
雪の大雪山で4人遭難か (10月18日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):