本日 1719 人 - 昨日 2762 人 - 累計 3178200 人
  • 記事検索

RSS

草津白根山降灰予報

 今、草津白根山が噴火した場合の降灰予報では、火口から東方向になるとの予想です。

 気象庁の2月27日20時発表の定時「草津白根山の降灰予報」によると、

 27日21時から28日15時までに噴火が発生 した場合には、以下の方向・距離に降灰及び小さな噴石の落下が予想され、27日21時から24時までは 火口から東方向、28日9時から12時までは火口から南東方向に降灰が予想されます。

 噴煙が火口縁上3,000mまで上がった場合の火山灰及び小さな噴石の落下範囲を示しています。 噴火発生時、小さな噴石の落下が予想される範囲内では、屋内や頑丈な屋根の下などに移動してください。 強風のため、遠方まで小さな噴石が流されるおそれがあります。

 降灰等予想図はこちら ★草津白根山降灰予報30.2.27 20




関連記事
上信越道四車線化進む (12月14日)
新潟焼山規制解除へ (11月09日)
長野県北部で震度5弱 (05月12日)
御嶽山噴火災害から2年 (09月27日)
久しぶりの冬日 (03月17日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):