本日 365 人 - 昨日 3335 人 - 累計 2474802 人
  • 記事検索

RSS

鳩ヶ湯温泉旅館従業員2名遭難か

 鳩ヶ湯温泉旅館の従業員の男性2人が行方不明となっています。

 歴史的な豪雪に見舞われた福井県で、除雪作業に向かった旅館の従業員の男性2名が行方不明となっています。

 2月17日、福井県大野市の「鳩ヶ湯温泉旅館」の従業員の60台と50代の男性事業員が、旅館の除雪作業に向かったあと消息不明となっているという。

 2人は、途中車を降りスキーで移動したと思われが、連絡がつかない状態。携帯電話の不感地帯のため、衛星携帯電話を持参しているというが、こちらも連絡がとれないという。

 車は、旅館の8キロ手前に停まっていて、そこからスキーで移動したと推測される。

 旅館のある付近の積雪は、3mを超えているという。まったくの新雪の上をスキーで移動するには技術と体力も必要だが、移動手段としては間違っていないように思える。

 鳩ヶ湯温泉旅館は、冬期は閉鎖されているが、3年前の冬、屋根に積もった雪の重みで本館が倒壊しており、今回は倒壊を防ぐための対策のための除雪に向かった思われる。

 2人の安否が心配される。無事に発見されることを願いたい。


関連記事
妙義山で男性滑落重体 (05月21日)
小蓮華山雪崩事故詳細 (01月23日)
奥志賀の魚野川で男性遭難 (07月15日)
野沢バックカントリーで外国人死亡 (03月21日)
金剛山で男性の遺体発見 (06月12日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
[1] 続報 | 2018/02/21 21:07
 男性2人は、2月18日、捜索していた警察などにより旅館にいるのを発見されたという。旅館の電話が壊れていて連絡できなかったと。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):