本日 1606 人 - 昨日 2762 人 - 累計 3178087 人
  • 記事検索

RSS

山岳エリア雪崩の危険性

 白馬、妙高など各エリアの山岳では、雪崩の危険性が非常に高くなっているようです。

 日本雪崩ネットワークによると、

 各エリアとも降雪は収まっているようですが、とても危険な雪崩コンディションとなっているようです。

 昨日の降雪の下には、密度の低い結合力の弱い雪が埋もれていて、開けた斜面では大きな規模の雪崩が人的な刺激で発生しうる状態にあるとのこと。

 妙高エリアでは、昨日の時点から雪崩の発生もみられるとのことです。


関連記事
遭難救助ヘリのこと (04月05日)
雪崩の危険が非常に高くなっている (02月14日)
八方尾根BCで雪崩確認 (01月09日)
雪による不運な事故で消防士殉職 (12月20日)
他人事でない熊本地震 (04月19日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):