本日 3601 人 - 昨日 4810 人 - 累計 2895562 人
  • 記事検索

RSS

白馬エリア雪崩の危険性高まる

 白馬エリアでは雪崩の危険性が高まっています。

 日本雪崩ネットワークは、本日7時、白馬エリアに雪崩情報を公表しました。

 それによると、

 とても危険な雪崩コンディションで、昨日、雪崩を発生させていた不安定性は継続しており、そこに今朝までの降雪がのっていて、本日、発生しうる雪崩の規模はより大きくなっている。

 たとえ林間にいても、自分の上方に大きな雪崩発生区がないか、あるいは林間内に走路が走っていないか、周囲への注意力をより高めることが必要。

 積雪表層のスラブは軟らかいため、斜度が十分にあれば、疎林でも発生しうる。木があるからといって安心せず、まずは斜度を落とすことを考える必要。

 経験が浅い方はスキー場内での滑走をおすすめします。その際も、決して禁止区域には入らないようにすべき。

 以上


関連記事
今日から春の火災予防運動 (03月01日)
山岳エリア雪崩の危険性 (02月18日)
アルプスをバックに消防救助技術を競う (06月19日)
長野県北部大雪警報発表 (01月02日)
震災復興住宅で雪の下敷きになり亡くなる (12月21日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):