本日 446 人 - 昨日 2600 人 - 累計 3085167 人
  • 記事検索

RSS

北陸豪雪災害救助法適用

 福井県は、北陸地方を襲っている記録的豪雪で、福井市ほか2市に災害救助法の適用を決めた。

 2月7日20時現在、福井市の積雪は144センチとなっている。これは平年の6.8倍にあたる量で、140センチを超えたのも実に37年ぶりのこと。

 福井県では、今回の豪雪で死者2名、重軽傷者15名の人的被害が発生した。(2/7 18:00現在)
 また、国道8号線で雪に閉じ込められたとトラックは1500台ともいわれているが、立ち往生した車の運転手2人も救急搬送されている。

 福井県では、自衛隊に災害派遣を要請するなど、懸命の対策をとっている。立ち往生した車のドライバーへの救護所の設置やパン、飲料水の配布などあらゆき機関をあげて対応している。

 こうした状況の中、県は2月6日、福井市、あわら市、大野市の3市に対し、災害救助法を適用した。同法が適用されると、救助費用は国が負担するなど被災市の負担が減ることになる。

 災害派遣された自衛隊は、第14普通科連隊(金沢)、第372施設中隊(鯖江)、第10師団司令部(守山)、第35普通科連隊(守山)、第10戦車大隊(今津)の750名、車両130両を投入。
 隊員は、昼夜を分かたず、除雪や、ドライバーへの食料や飲料水の配布等を行っているという。本当に頭が下がる。


関連記事
草津白根山はやや活発で経過 (10月09日)
松代地震観測所施設見学会参加申込受付中 (08月25日)
長野県総合防災訓練で消防ヘリ活躍 (10月03日)
チェーン義務化信州は2区間指定 (12月12日)
今朝は濃霧に注意が必要 (11月14日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):