本日 2887 人 - 昨日 4291 人 - 累計 2890038 人
  • 記事検索

RSS

蒲原山バッカン8人遭難

 長野・新潟県境の蒲原山のバックカントリーで、8人パーティーが遭難した模様。

 2月4日、長野県小谷村と新潟県糸魚川市に跨る蒲原山(標高1,630m)のバックカントリーで、スキーやスノボーをしていたツアーパーティーの8人が遭難し、1人が負傷している模様。

 ツアーを企画したのは長野県内の会社で、ツアーにはガイドを含め8人が参加している。
 1人が足を負傷したため動けなくなり、救助を求めたという。

 パーティーは雪洞を掘ってビバークしているらしい。

 現在、小谷村には大雪警報が、糸魚川市には風雪注意報が発表されている。気象条件は厳しいと思われるが、無事救助されることを期待する。

 蒲原山は、それほど難度は高くないため、バックカントリーに人気がある山。


関連記事
白馬岳遭難事故のガイド有罪確定 (11月17日)
山スキーで遭難相次ぐ (04月09日)
八方尾根スキー場米国人不明 (02月21日)
春山講習中の高校生を雪崩直撃 (03月27日)
北アで遭難多発1人死亡 (08月18日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):