本日 2967 人 - 昨日 4291 人 - 累計 2890118 人
  • 記事検索

RSS

蔵王噴火警戒レベル2へ引上げ

 蔵王山の噴火警戒レベルが「2」へ引上げられました。

 1月30日、気象庁は蔵王山について、火山活動が活発になったとし、噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)へ引き上げました。

 蔵王山では、火山性微動が28日に1回、30日0時台および14時台に1回ずつ観測され、30日14時18分頃から31分にかけて発生した火山性微動の振幅は、これまで観測された中で最大だったという。

 また、山頂の南方向が隆起する地殻変動が継続していることから、噴火警戒レベルを2に引き上げた。

 蔵王山では、小規模な噴火が発生する可能性があり、想定火口域(馬の背カルデラ)から概ね1.2キロメートルの範囲では噴火に伴う弾道を描いて飛散する大きな噴石に警戒が必要とのこと。

 地元自治体等の指示に従って危険な地域には立ち入らないこと。
 また、火口の風下側では火山灰や小さな噴石が遠方まで風に流されて降るおそれがあるため注意が必要。


関連記事
改正活火山法施行で登山者に義務 (12月08日)
H28.5地震活動及び火山活動の解説 (06月11日)
山岳救助は消防か警察か (04月06日)
雪崩の危険が非常に高くなっている (02月14日)
2015長野県消防救助技術大会 (06月18日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):