本日 2830 人 - 昨日 4291 人 - 累計 2889981 人
  • 記事検索

RSS

寒波で地盤沈下警報

 上越市は消雪パイプの稼働の増加により、地下水の使用が増加したため地番沈下警報を発令した。

 1月25日正午、新潟県上越市は、降雪により消雪用地下水の揚水量が増加し、観測井の地下水位が大幅に低下したため、発令されていた「地盤沈下注意報」を「地盤沈下警報」に切り替えた。
 地盤沈下警報は3年ぶりだという。

 「地盤沈下警報」とは、地下水を利用しているところならではの警報だが、一体どういうことなのか。

 豪雪地域では、道路などの雪を融かすため、消雪パイプを設置し散水している。これに使用する水は、水道より安上がりの地下水を使用する。地下水は水温も高めのため融雪に適している。

 今年はあまりにも降雪が多く、消雪パイプの稼働率が増加し地下水の需要が高まったようだ。

 同市では、地下水の水位を観測しており、一定の水位を下回ると地盤沈下の恐れがあるため、注意報や警報を発令し節水を呼び掛けるという。

 節水と言われても、雪が降ればそうもいかないような気がするが、地盤沈下はもっと大変だ。今後の気象次第か。

 市では道路用の消雪パイプの散水量を節水すると言うが、機械除雪で追いつけばいいのだが、、。


関連記事
信州台風の影響で大雨に (09月16日)
御嶽山の警戒区域変更 (11月19日)
大雪に警戒必要 (01月21日)
台風接近でなぜ山に登るのか (07月29日)
立山国見岳で雪崩発生 (05月05日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):