本日 797 人 - 昨日 2383 人 - 累計 2219106 人
  • 記事検索

RSS

加藤文太郎槍ヶ岳冬季単独登頂

 今日は、加藤文太郎が槍ヶ岳冬季単独登頂を果たした日。

 加藤文太郎は、昭和初期の登山家で、新田次郎の「孤高の人」のモデルとなったと言われている。

 加藤は、1905年に兵庫県で生まれ高校卒業後から本格的な登山を始め、居住地の近くにあった六甲山が彼の庭だったようだ。

 当時の登山は金がかかるためなかなか庶民ではできないものだったが、加藤はぼろの服を着て、地下足袋で山に登っていたという。

 今では考えられない装備で、1930年1月28日、厳冬期の槍ヶ岳登頂に成功した。

 しかし、残念なことに彼が命を落としたのも1月の槍ヶ岳北鎌尾根だった。享年30歳だった。


関連記事
駒ヶ岳植生復元作業のボランティアを募集 (08月23日)
長野県は登山届義務に罰則も設けず (02月24日)
浅間山2キロ圏内立入禁止の徹底を (06月13日)
北アルプスは大雨 (09月19日)
信州百名山の選択基準は (04月01日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):