本日 646 人 - 昨日 3196 人 - 累計 2489196 人
  • 記事検索

RSS

大雪に警戒必要

 明日昼過ぎから県内の広い範囲で大雪か。

 長野地方気象台は、21日17時19分、長野県内に「大雪に関する長野県気象情報第3号」を発表しました。

 これによると、

 22日は前線を伴った低気圧が四国の南から伊豆諸島付近を発達しながら東北東に進み、23日から日本の上空に強い寒気が流れ込み、強い冬型の気圧配置となる見込み。強い冬型の気圧配置は27日頃にかけて続く。

 このため、22日は昼過ぎから長野県の広い範囲で、23日以降は北部を中心に大雪となるおそれがある。

 21日18時から22日18時までの24時間降雪量は、いずれも多い所で、
 長野地域山沿い15センチ、長野地域平地15センチ、中野飯山地域15センチ、大北地域山沿い15センチ、大北地域平地15センチ、菅平周辺15センチ、上田地域の菅平周辺を除く地域10センチ、佐久地域15センチ、松本地域聖高原周辺15センチ、松本地域の聖高原周辺を除く地域10センチ、乗鞍上高地地域15センチ、諏訪地域15センチ、上伊那地域10センチ、木曽地域10センチ、下伊那地域10センチの見込み。

 22日18時から23日18時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で、
 北部20~40、中部20~40、南部10~20センチ見込み。

 大雪や路面の凍結による交通障害に警戒し、電線や架線、樹木などへの着
雪、積雪の多い地域では、なだれに注意が必要。

 これを見える限り、22日は上雪と言えそうです。南部では注意が必要です。湿った雪が降るのでしょうか。電線、樹木への着雪が予想されますので、電線の断線による停電や、雪の重みによる倒木に注意が必要です。



関連記事
信州これから台風の影響 (09月17日)
また週末に大雪 (01月20日)
火災が多発しています (02月28日)
南ア周辺で大雨 (07月06日)
消防防災ヘリ「アルプス」山岳救助66件 (01月29日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):