本日 796 人 - 昨日 2383 人 - 累計 2219105 人
  • 記事検索

RSS

長野県警の山岳救助活動動画がすごい

 長野県警では、実際の山岳救助活動の様子を撮影した動画の公開を始めました。

 長野県内の山岳では、年間三百件近い山岳遭難が発生している。近年は、山岳救助といえばヘリコプターを使った救助活動が当たり前となっており、遭難者の生存率も高くなったと言える。

 しかし、ヘリコプターは天候が良くなければ飛ぶことができない。このことはある意味生死を分けることになる。

 長野県警では、山岳遭難における救助活動の実態を少しでも知ってもらおうと、実際の救助活動で撮影した映像をホームページで公開を始めた。

 これを見ていただければ、救助する側の活動の厳しさ、苦労も分かっていただけるのではないか。

 今公開されているのは、昨年の大みそかに発生した北ア白馬乗鞍岳のバックカントリーで、男女3人が道迷い遭難をし、元旦に救助された事案だ。
 その動画はこちらからどうぞ 
★栂池遭難救助活動動画


関連記事
1月外国人遭難5件16人 (02月04日)
学習院大山岳部 無期限活動停止 (02月21日)
黒姫山で遭難三日後に下山 (05月16日)
ブナ立尾根で山岳部顧問不明 (08月03日)
「聖職の碑」から百年 (12月11日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):