本日 650 人 - 昨日 3196 人 - 累計 2489200 人
  • 記事検索

RSS

有料救助第1号は60代男性

 埼玉県が防災ヘリによる山岳救助を有料化後、初めて有料による山岳救助がありました。

 1月16日、埼玉県内の60代男性が、埼玉県小鹿野町の二子山で滑落し重傷を負い、埼玉県防災ヘリに救助されました。

 男性は、登山道で足を滑らせて50m滑落したもの。

 この救助では、埼玉県が今年1月1日より、条例に基づきへりによる山岳救助を有料化してから初めての救助となった。

 救助費用は5万5千円となる見込み。有料化は5分5千円と定めており、今回の救助では、58分を要したという。


関連記事
木曽御嶽山の山スキーで遭難 (06月01日)
止まらない高齢者の遭難 (10月07日)
吾妻連峰の大量遭難から23年 (02月11日)
中ア三ノ沢岳で女性救出も (02月29日)
富士山八合目登山道に遺体 (05月20日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):