本日 356 人 - 昨日 3120 人 - 累計 1981825 人 サイトマップ
  • 記事検索

RSS

志賀高原で中国人スキーヤー遭難

 志賀高原の横手山スキー場で、中国人男性のスキーヤーが遭難し無事救助されました。

 1月13日、信州志賀高原の横手山スキー場で、60代の中国人の男性が行方不明になった。

 男性は本日、長野県警のヘリコプターで無事救助された。男性は自力で歩け元気だという。

 実は男性は、スキー仲間の別の男性を救助した後、仲間とはぐれ自分が行方不明となってしまった。

 今回の捜索では、男性の携帯の位置情報が発見に役立ったようで、迅速な救助につながった。

 横手山スキー場は、日本で一番標高が高いところにあるスキー場で、気温も低く雪深く、周囲の人家からは離れているので、コース外に出ると樹林帯にかなり迷い込んでしまうことになる。十分きをつけてほしい。


関連記事
信州の山岳連休中3名死亡 (07月19日)
御嶽山噴火災害捜索再開へ向け (06月04日)
野沢温泉外国人女性が遭難騒ぎ (02月17日)
白馬乗鞍で3人下山できず (01月01日)
1月外国人遭難5件16人 (02月04日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):