本日 985 人 - 昨日 2382 人 - 累計 2394460 人
  • 記事検索

RSS

弥彦山雪崩ではなく倒木によるもの

 弥彦山で女性が死亡したのは、雪崩によるものではなく倒木の下敷きになったことによるもの。

 昨日(1/13)、新潟県の弥彦山で雪崩が発生し女性が死亡したとお伝えしましたが、今日の警察の見分では、雪崩の発生は確認できなかったという。

 付近は、雪の重みによる倒木が見られることから、倒木の下敷きになったことにより死亡した可能性が高いようだ。

 女性が死亡したルートは、弥彦山へ登る一般的なルート「表参道コース」で、現場は茶屋手前付近だという。

 女性は登山仲間の男性二人で入山したというが、事故があった登山道は、倒木が相次いでいた事から、昨年末から通行止となっていたらしい。

 弥彦村では70センチの積雪があり、雪崩が発生しやすい状況ではあるが、過去に雪崩が発生したという記録は残っていないという。

 歴史的な豪雪となっている地域では、雪崩、落雪、倒壊など、例年ではありえないような雪の事故も起きます。建物の外でも十分な注意が必要で、また慎重な行動が求められます。


関連記事
検証 学習院大阿弥陀岳遭難事故② (11月21日)
北アで遭難4件 (05月30日)
北アザイテンで男性滑落 (09月03日)
新潟県内山菜採りで3名遭難 (04月30日)
秋山郷の鳥甲山で遭難が発生 (09月25日)
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):