本日 1604 人 - 昨日 2762 人 - 累計 3178085 人
  • 記事検索

RSS

山岳ガイドの男性遭難

 山岳ガイドの男性が、北海道前目国内岳で遭難していたことがわかりました。

 1月10日、北海道の前目国内岳(標高約980m)を登山していた道内の20代の山岳ガイドの男性が、戻って来ないため同僚が通報した。

 男性は、翌11日になって自力で下山したが、けがはないという。

 男性は登頂後視界が悪くなり道に迷ったようで、パトカーの赤色灯の明かりを目指して下山したらしい。

 現地では、風雪注意報および大雪注意報が出ていて、ガイドとして登山が適切だったのか問われそうだ。


関連記事
鳳凰三山で不明男性自力下山 (04月21日)
九死に一生 二度目はない (07月01日)
北ア 奥穂高岳で4人が救助要請 (06月29日)
また御嶽山で遭難か (04月07日)
富士山八合目登山道に遺体 (05月20日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):