本日 2050 人 - 昨日 3438 人 - 累計 3378228 人
  • 記事検索

RSS

山岳ガイドの男性遭難

 山岳ガイドの男性が、北海道前目国内岳で遭難していたことがわかりました。

 1月10日、北海道の前目国内岳(標高約980m)を登山していた道内の20代の山岳ガイドの男性が、戻って来ないため同僚が通報した。

 男性は、翌11日になって自力で下山したが、けがはないという。

 男性は登頂後視界が悪くなり道に迷ったようで、パトカーの赤色灯の明かりを目指して下山したらしい。

 現地では、風雪注意報および大雪注意報が出ていて、ガイドとして登山が適切だったのか問われそうだ。


関連記事
北海道白雲山で不明男性死亡 (01月27日)
富士山ヘリ救助事故訴訟 (07月27日)
山岳遭難から生還した男性の実話 (06月01日)
北海道海別岳で3人遭難 (03月21日)
検証スノーボードの遭難事故 (01月11日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail.. (必須)

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):